【第4回】メルカリで4,500円で購入したジャンクPCを直していく!メモリ購入&メモリ装着【Let’snote SX1】

どうも、思ったよりこのジャンクPCにかかるお金が凄くてパスタ生活確実な葉加瀬です。

前回の第3回の記事で、標準メモリがグレートダウンされていた事が発覚して萎え萎えだったりします。

↓過去の記事↓

【第1回】メルカリで4,500円で購入したジャンクPCを極力メルカリで出品しているパーツだけで直していく!【Let’snote SX1】
【第2回】メルカリで4,500円で購入したジャンクPCを直していく!パーツ購入&液晶パネル交換【Let’snote SX1】
【第3回】メルカリで4,500円で購入したジャンクPCを直していく!バッテリー購入&SSD換装【Let’snote SX1】

元々の標準メモリは4GBなんですが、取り付けられていたのは1GB。

ペッツのおまけレベル。

標準メモリは裏側のボトムケースのネジを外してケースを開かなければアクセス出来ないので、相当人の手が入っているジャンクPCという事になります。

さらにあの後に気づいたことが。

SSDは通常、以下のようにして取り換えるんですが、ドライブカバーがありませんでした。

仕方ないのでこれも新たにヤフオクで購入。

SATAコネクタと透明スリーブのセットで580円。

↓ドライブカバー

一通り組み立てることが出来たらつけるとします。

それでは気を取り直してメモリを取り付けていきましょー。

今回選んだメモリはこちら。

SAMSUNG PC3L 12800S DDR3L 1600 8GB

メルカリで動作確認済みの品で送料込み5,700円。

1枚でこの値段は高いなあ。

買った当初は相場に比べて安かったんですが、それでも高いという。

ちなみにSX-1はメモリ2枚差すことが出来るので、本当であればこの8GBのメモリと、標準のメモリ4GBの計12GBで運用していこうと思っていたのですが目論見が外れるというね。。。

メモリを取り付けていく!

標準メモリの交換は意外と簡単です。

裏のボトムケースを外して基板にアクセスできるようにします。

これがメモリです。黒いテープを優しく剥がしていきます。

こんな感じ。

両端にフックがあるので、広げるようにしてロックを解除します。

こんな感じに斜めになればOK。

あとは引き抜いて新しいメモリを装着、フックで再びロックして黒いテープを元に戻せば完了です。

メモリを装着する時は、切り込みに合わせてゆっくり差し込むようにするといいです。

今回は標準メモリの方法を紹介しました。

最大16GB増設したい場合は、今回のようにボトムケースを開けて標準メモリを交換する必要がありますが、最大12GBで良ければ標準メモリ4GBはそのままで、拡張メモリスロットにメモリ8GBを増設すればいいだけなのでもっと簡単です。

その方法はまた記事にしていきます。

それでは今日はここまで!

完成まで道のり長いですが頑張って直していきます!

以上、ガジェットハックの葉加瀬でした!

Let’snote CF-SX1に今まで掛かった金額

Let’snote CF-SX1本体ジャンク品 5,500円
ACアダプター 3,062円
液晶パネル 9,280円
Pro ‘skit スクリュードライバーセット 2,000円
iPhone スマホ 携帯 修理キット 7 7plus 対応 修理工具 修理 1,000円
Panasonic CF-VZSU76JS 標準バッテリーパック(L) 12,278円
Gigastone SSD 256GB 4,780円
SATAコネクタ、透明スリーブ、ドライブカバーセット 580円
SAMSUNG PC3L 12800S DDR3L 1600 8GB 5,700円
合計 44,180円

↓続き↓

【第5回】メルカリで4,500円で購入したジャンクPCを直していく!キーボード購入&キーボード装着【Let’snote SX1】
【第6回最終回】メルカリで4,500円で購入したジャンクPCを直していく!動作確認&Windows10インストール【Let’snote SX1】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA