POCKETALK(ポケトーク) にWi-Fiを設定する方法を紹介&購入して10日間使ってみた感想をお伝えします!

どうも、ガジェットハックの葉加瀬です。

POCKETALK(ポケトーク) の実機レビューの中でグローバルSIMの設定方法を紹介しましたが、今回はポケトークをWi-Fi(ワイファイ)に設定する方法を紹介していきます。

また、購入してから執筆時点で10日間経過したので、これまで使ってみた感想もお伝えしていきますね!

↓POCKETALK(ポケトーク) の実機レビューはこちら↓

SOURCENEXT(ソースネクスト) 夢の通訳機 POCKETALK(ポケトーク) 実機レビュー! 使い方、翻訳精度、翻訳スピード、使用感を徹底レビューしていくよ!

POCKETALK Wi-Fi設定方法

ポケトークの操作説明書
  • 左矢印<を2回タップ……翻訳したい言語の選択画面(初期設定は日本語)
  • 右矢印>を2回タップ……翻訳したい言語の選択画面(初期設定は英語)
  • 上矢印Λを2回タップ……システム設定画面
  • 下矢印Vを2回タップ……翻訳履歴の表示
  • 左矢印<を1回タップ……翻訳したい言葉を話す
  • 右矢印>を1回タップ……翻訳したい言葉を話す
  • 上矢印Λを1回タップ……音量ボタン(上げる)
  • 下矢印vを1回タップ……音量ボタン(下げる)
  • ○……決定ボタン
  • 本体裏側……電源ボタン
  • その他
    設定画面や何かを選択してる途中で前の画面に戻りたいときは、左矢印<をタップすれば戻ります。

▼まず初めに上矢印Λを2回タップしてシステム設定画面を開きます。

▼Wi-Fiの文字のところで○ボタンをタップ。

▼Wi-Fiが使える機器の一覧が表示されるので、自分が接続させたい機器を下矢印Vや上矢印Λを使って選択します。

▼選択したら○ボタンをタップします。

▼この画面になったら上矢印Λでパスワードを選択します。

▼パスワードを選択するとタップしなくても自動的にこの画面に移動するので、Wi-Fi機器本体についているWi-Fi接続パスワードを、<>ΛV○を使って入力していきます。

▼入力したら右下のチェックにカーソルを合わせ○をタップ。

▼接続しましたと表示されたら接続成功です!

Wi-Fi設定方法の説明は以上になります。

ポケトークを10日間使ってみた感想

現時点では満足な製品

ポケトークは双方向でやり取り出来る翻訳機で、旅行フレーズのみならず日常会話やビジネス会話等も翻訳されるので、ili(イリー)よりコミュニケーションの幅が広がったのが実感できます。

友達に英語話せる人がいて、試しに使ってみたらフレーズによっては違和感ある部分は多少あるが、問題無く翻訳できて「これすごいね!」という評価を得ることが出来ました。

ポケトークの製品自体として、タップの反応の精度が若干悪いのでタップしても反応しなかったり鈍かったりすることがあります。

これは次の製品が出るなら改善してほしいところ。

まだ海外で使用していないのですが、日本国内ならグローバルSIMも普通に使え、Wi-Fi利用時でも大幅に遅延することなく翻訳出来るので不便を感じたことはありません。

ili(イリー)と比べると使える機能が多いので、最初は戸惑う人もいるかもしれませんがこれは慣れの問題だと思います。

価格はグローバルSIM付きで29,800円で、安い価格では無いですが、今まで使ってみて総合的な判断では買ってよかったと思わせる製品でした。

翻訳機は今後、色々な会社から発売されるジャンルだと思いますが、ポケトークは購入の選択肢に入れてもいい製品だと思います。

ただ、どの会社からも完璧な翻訳機は販売されていないので、専門用語や難しい言い回し、下ネタなどはうまく翻訳されないというのを分かったうえで使っていく必要があります。

それさえ理解したうえで使っていけば、こんなはずじゃなかった、買って後悔したという事は少なくなると思います。

ポケトークに限らず、どの翻訳機も翻訳精度に違いは無いと思うので、自分が気に入った翻訳機を購入してコミュニケーションライフを楽しんでみてはいかがでしょうか!

以上、ガジェットハックの葉加瀬でした!