【スマートIC搭載!】 10000mAh オウルテック モバイルバッテリー OWL-LPB10001を購入したのでレビュー!【薄型】

どうも、ガジェットハックの葉加瀬(はかせ)です。

モバイルバッテリーは今や欠かせない周辺機器の一つとなっています。

スマホやタブレット、ゲーム機ってめっちゃ充電くいますよね。

通勤や通学、旅行や出張などで時間のある時にポチポチ触っていると、朝一100%でも早かったら昼ぐらいにはもう充電しないといけない。なんてことがよくあると思います。

僕はブログやYouTube、ガジェット系の情報などをスマホでよく見るので、ここ最近は丸一日充電もったことがありません。

そこで欠かせないのがモバイルバッテリーなんですが、今まで使っていたのがアンカーの8000mAhのモバイルバッテリー。

約スマホ3回分充電出来る容量ですが購入してからだいぶ経ったので、へたってきているのと、もう少し容量あるのが欲しかったので色々探した結果、この商品にいきつきました。

それが【かしこく充電 Smart IC搭載 オウルテック モバイルバッテリー OWL-LPB10001】

購入してしばらく使ってみましたが、特に悪い印象を受けなかったこの製品。

今からがっつりレビューしていきます!

↓オウルテック製品の関連記事↓

小物やケーブル類をまとめて収納!オウルテック まとめてポーチ OWL-MPMA01の使い勝手が大変良い!

外観をチェック

一目で製品の内容が分かるパッケージ
▼透明なケースなので、どんな中身かが確認出来る安心感がそこにはあります。

 
▼裏面。製品の特徴と製品仕様が記載されています。

同梱物をチェック

中身は本体、説明書、充電ケーブルの3つ

▼中に入っていた物全て。本体、説明書、microUSBの充電ケーブルが同梱されています。

 
▼説明書

 
▼microUSB

 
▼本体 表面

 
▼本体 裏面

裏面には製品仕様が記載されています。Owltechのフォント格好良くて好き。
本体の触り心地はスベスベサラサラでとてもいい質感。ずっと触っていたくなる感触の良さです。

OWL-LPB10001の特徴

バッテリーの容量は10000mAh
10000mAhというのは、電池容量が1650mAhのスマートフォンで約4回分使用出来る容量です。
僕のiphone 6sは1715mAhなので、3.5回分ぐらいということになります。
ちなみに、iPhone8が1821mAh、iPhone8Plusが2691mAh、iPhoneXが2716mAhなので参考にしてみてください。
 
15.2mmの薄さ
▼10000mAhの大容量ですが、薄さを保っています。

 
▼どのくらい薄いのかというと、僕が持っているアンカーの8000mAhのモバイルバッテリーと同じ厚さです。

 
▼こうして比べてみると分かりやすいですね。

高出力2.4A給電
▼OWL-LPB10001は、USBポートが2つ付いているので、2つの機種を同時に充電することが出来ます。

最大2.4A出力に対応しているのでiPad等のタブレットに適しています。
スマホ、タブレットの他にもWi-Fiルータやウォークマン、Bluetooth機器やアイコス、グロー、プルームテックなんかの充電にも対応しています。

Smart IC搭載
Smart ICは最適な充電モードに自動的に切り替えてくれるスマートチップの事を言い、接続された機器を自動的に検知して、その機器に適した充電をしてくれます。

LEDで残量を知らせてくれる
▼今どのぐらい電池残量があるのか一目で分かります。

 
▼サイドについている電源ボタンを押せば、残量を確認できます。

使用方法

使い方はとても簡単!
今回はiPhoneを充電。OWL-LPB10001にLightning(ライトニング)ケーブルを差します。

 
▼こんな感じでUSBポートに差します。

左右で出力が違うモバイルバッテリーもありますが、OWL-LPB10001は左右どちらに差してもSmart ICが適切な充電を自動的にしてくれるので便利!
 
▼モバイルバッテリーにUSBを差した瞬間、自動的に検知して充電が始まります。電源ボタンを押すことすらありません。

モバイルバッテリーにUSBを差してある状態で充電する時、充電したい機器が電源OFFになってる時は、そのまま差してもLEDが点かない(充電がされない)ので、その時はモバイルバッテリーの電源ボタンを押します。そうするとLEDが点灯し、充電が始まります。
 
▼充電完了したらケーブルごと抜いても、ケーブルを繋げたまま機器だけを抜いても、モバイルバッテリー側が機器を接続していないと判断して自動的にLEDが消えます。

モバイルバッテリーの充電には付属のmicroUSBを使用
▼モバイルバッテリーの残量が無くなってきたら、microUSBを使って充電します。

 
▼USBポートとUSBポートの間にある、microUSBポートに付属のケーブルを差して、USB付きのコンセントかUSB用ACアダプター、パソコン等で充電します。

ACアダプターを使用する場合、5V/2.4A以上のアダプターを使用することを推奨しています。

製品1年保証もついている!

オウルテック独自の製品保証
  • ケーブル類の断線
  • オウルテック商品の故障
  • 通常使用時の破損
この3つの故障は全て保証対象で、さらに保証期間中の新品交換は無制限対応との事なので、安心して購入することが出来ます。

総まとめ

いかがでしたでしょうか!

10000mAhのモバイルバッテリーは色々なメーカーが数多く販売しています。

定価で4,000円台と他の製品と比べると安くはないですが、質感、使い勝手、保証の手厚さが優れていると感じました。

重さも気になる重さでは無いので、気軽にバッグに放り込んでお出かけできると思います。

僕はこれを購入してからは仕事に遊びに、毎日持ち歩いています。

モバイルバッテリーはいざという時に大変役に立つ製品ですので、気になったら検討してみてはいかがでしょうか。

以上、ガジェットハックの葉加瀬でした!