フリマアプリ【メルカリ】が出品も落札も簡単すぎてハマり中!メルカリの良いとこ悪いとこを紹介!

どうも、ガジェットハックの葉加瀬です。

久しぶりの更新ですが僕はちゃんと生きてます。

さて、僕は過去に色々なオークションサイトを巡り歩いていました。

モバオク、ヤフオク、eBay等々落札者や出品者として経験しましたが、どのオークションサイトも一長一短があります。

出品料の高い安い、落札手数料の高い安い、客層の良い悪い...

どちらかが良ければどちらかが悪い、一見平和に見える国でも犯罪が無い国は無いように、全てが100%良いなんて無いのがオークションサイトの現実だったりします。

ここ最近はずっとヤフオクを利用していますが、知人からメルカリを勧められたので乗り気では無かったので渋々入れてみたら今までに経験の無い手軽さからハマってしまいました!

しかし、良いところもあれば悪いところもあるので、今回は僕が思う現時点でのメルカリの一長一短を全て語っていきます!

CMやらネットやらで宣伝しているので知っている人も多いと思いますが、簡単にメルカリのシステムを紹介していきます。

まずメルカリはオークションサイトでは無く、フリマアプリです。

オークションとフリマの違いは以下の通りです。

オークション
徐々に金額を上げて、一番高く入札した人が購入出来るシステム
フリマ
出品者の希望落札価格での購入か、それ以下の価格を交渉して成立したら購入出来るシステム

という事で僕が2ヶ月ほど利用して感じた良いところ、悪いところを語っていきます!

メルカリはPC、スマホ、アプリどれでも利用出来ますが、断然アプリでの利用がやりやすいし簡単です!
利用するならアプリがおすすめ!

メルカリを利用してみた結果!

メルカリの良いと思った点

  • アプリが使いやすい
  • オークションサイトと違い、提示されている金額が購入出来る価格なので分かりやすい
  • 個人出品者が多いので、相場より安いものが売られていたりする
  • 体感的に他サイトより物が売れやすい
  • 匿名配送が利用できる
  • 報復評価が無い

メルカリのちょっとなあって思った点

  • 落札手数料10%は高い
  • 送料込みの価格で無いと購入してもらいにくい
  • 売り上げを振込してもらう時、振込先生が10,000円以下は210円の手数料が掛かる
  • 出品者、落札者共にヤバイ人に当たる確率が高い気がする

結果を一つずつ解説 良かった点

良かったところ

アプリが使いやすい
見やすいユーザーインターフェースなので、メルカリをやった事が無い人も感覚的に分かると思います。
出品者視点、落札者視点共に使いやすいと思います。

オークションサイトと違い、提示されている金額が購入出来る価格なので分かりやすい
オークションサイトは最低落札価格からスタートし、100円、200円、1000円、みたいに競り合っていって一番高く入札した人が購入出来るシステムですが、メルカリは提示されている金額が購入出来る価格となってます。
100円と書いてあったら100円で購入出来ます。
ヤフオクで言う即決価格ですね。
更にメルカリはここからコメントやオファー機能というシステムで値引き交渉も出来ます。
これがフリマアプリメルカリの醍醐味だったりします。
が、値引き交渉禁止の出品者もいますので、プロフィールを読んだり本文を読んだりして確認しましょう。

個人出品者が多いので、相場より安いものが売られていたりする
僕の個人的意見として、メルカリは業者などが他のサイトに比べて少ないような気がします。
ですので、たまに相場より安いものが売られていたりします。
お宝探し気分ですごく楽しいです。

体感的に他サイトより物が売れやすい
出品者としての意見ですが、ニッチすぎて誰がこれ買うんだよ…というものでも売れたりするのがメルカリです。
物によっては相場より高く売っても売れたりするので、他サイトで売れなかったものはとりあえずメルカリに出してみるのもいいかもしれません。

匿名配送が利用できる
メルカリだけのサービスでは無いですが、匿名配送は出品者、落札者共にありがたい機能です。
クロネコ、郵便局どちらにも対応していて使い勝手がすごくいいです。
昔は自分で送料計算して、こっちの配送にすれば安かったのにと後で後悔する素人出品者あるあるが無くなったので大変良い時代になったものだと思います。
あと、匿名配送は名前や住所などの個人情報が相手に知られないので、女性にとっても助かるシステムだと思います。

報復評価が無い
メルカリでは商品が届いたら、落札者が評価をつけてから出品者が評価をつけるという流れになっています。
落札者がつけた評価は出品者が評価をつけるまで見れないので、悪いをつけたから悪いをつけられることは無くなっています。
しかし一度評価をしたら評価を変える事は出来ないので、どんな評価をつけるにせよ決定ボタンを押す前には確認が必要です。

報復評価は泥沼合戦にはまってしまうので、このシステムは良いと思います。

結果を一つずつ解説 ちょっとなあって思った点

ちょっとなあって思ったところ

落札手数料10%は高い
他に比べてメルカリの落札手数料が飛びぬけて高いわけではないですが、10%の手数料は出品者にとっては痛いなあと思います。

送料込みの価格じゃないと購入してもらいにくい
メルカリ独特の風習なのか、僕の感想として送料別の出品だと落札されにくい傾向にあります。
送料込みと送料別ではどのような感じになるのかを以下に記します。

例:500円のものを出品して売れた場合。
送料は一番安い送料のゆうパケット(A4サイズ厚さ3㎝以内)175円を使用。

送料込み(送料出品者負担)
500円-手数料10%50円+175円=275円の利益。
送料別(送料落札者負担)
500円-手数料10%50円=450円の利益。

全然違いますよね。

価格の高い商品を出品しているなら良いと思いますが、500円~1,000円前後の商品を出品している人はなかなか利益をあげるのは難しいのではないでしょうか。

商売をやるなら高利益の商品に絞った方がよさそうです。

売り上げを振込してもらう時、振込先生が10,000円以下は210円の手数料が掛かる

売上金は手数料が掛からずメルカリの中でだけ使用出来るポイントに変える事が出来るので、中々10,000円に到達出来ない人はそっちで利用した方がいいですね。

出品者、落札者共にヤバイ人に当たる確率が高い気がする

メルカリでは独自ルールが横行しています。

購入前にコメント下さいとか、〇〇様専用とか、プロフ必読とか。

僕は独自ルールは好きではないですが、やばい人が多いので、そういう独自ルールが発展したともいえます。

落札者は落札者で10,000円で提示してある商品を3,000円にしてくださいみたいな無茶な値下げや、送料込みで1,000円でお願いしますとかいう強気な上から目線な方もまあまあおります。

敷居が低いせいか、常識が無い人も多く参入しているので注意が必要です。

取引数にもよりますが、1割ぐらい悪いの評価がついていれば大体やばい人だと思うので、そういう人は出品者にしろ落札者にしろ避けた方が無難です。

悪いという評価は普通にやり取りしていればつかないはずなんですよね。。。

なのでそういう人がいたら気を付けましょう。

総まとめ

2019年1月現在の僕が思うメルカリの印象でした。

色々言いましたが、メルカリは毎日アプリ開いているぐらい超利用しています。

僕が昔やっていたオークションサイトのシステムとは全然違っていて片手間で出品出来るのは本当に便利です。

本やCDのバーコードで商品説明が自動的に反映されるシステムも便利ですし、手数料が高くても利用者が多いのは納得が出来ます。

今メルカリやってない人はぜひやってみてほしいです。

中には良い人だけじゃなくて変な人もいますが、それは世の中と一緒ですので事故だと思ってあんまり気にしないようにしましょう。

今僕はメルカリだけで購入したパーツでパソコンのカスタマイズをしようとしているので、それも後日記事にします。

今後ともお楽しみに!

以上、ガジェットハックの葉加瀬でした!

メルカリはPC、スマホ、アプリどれでも利用出来ますが、断然アプリでの利用がやりやすいし簡単です!
利用するならアプリがおすすめ!