次世代AI携帯音声翻訳機Mayumiのデータ通信の料金体系がユーロ表示なので円に直してみた&1MBでどのくらいの時間、通信が出来るかを調べてみたよ!【参考】

どうも、ガジェットハックの葉加瀬(はかせ)です。

次世代AI携帯音声翻訳機Mayumiを当ブログで紹介したところ、人気ランキング上位となり、Mayumiの注目の高さが伺えます。

次世代AI携帯音声翻訳機Mayumiが販売されるぞ!先行販売価格23,980円!イリー、ポケトーク、ランジーとの違いを調べてみたよ!【翻訳機戦国時代】

そこで今回は、Mayumi独自のデータ通信料金がユーロ表示になっているので、日本円にして大体いくらぐらい掛かるのかを解説していきます。

執筆時点では1ユーロ130円。このレートで計算をしていきます。

また、1MBあたり何時間くらい通信出来るのかを、ポケトークに記載されていた100MBあたり15時間相当通信出来るという文言を参考に記してみました。

SOURCENEXTから夢の通訳機【POCKETALK(ポケトーク)】が販売されているぞ!音声翻訳機ili(イリー)と何が違うのか調べてみた!

実際の通信量はポケトークと違うかも知れませんので、あくまで参考程度ということで見ていただけたらと思います。

Mayumi料金体系日本円バージョン&参考通信量

    ■どの国で使っても同じシンプルな料金体系

    「完全従量制」:1MB(9分)あたり0.015ユーロ(約1.95円)

    「1日定額」:24時間有効で200MB(30時間)(EUでは350MB(52.5時間))3.49ユーロ(約453.7円)

    「1日使い放題」:24時間有効で容量制限なし9.99ユーロ(約1298.7円)

    「ビッグデータ」:15日間有効で1.0GB(150時間)(EUでは2.0GB(300時間))14.99ユーロ(約1948.7円)

    「モンスターデータ」:15日間有効で2.0GB(300時間)(EUでは4.0GB(600時間))24.99ユーロ(約3248.7円)

    短期から長期まで、少容量から大容量まで、使い方に合わせたプランで無駄なくデータ通信が可能。

    ■使う分だけチャージして使う完全プリペイドタイプ。

    ユーザーが必要な金額だけをチャージする。

    購入時に7ユーロ(約910円)チャージ済み。

    クレジットカード(VISA/Master)もしくはPaypalでオンラインチャージが可能(最低10ユーロ(約1300円)から)

    ■日本国内でもインターネット経由で事前アクティベーションやオンラインチャージが可能。

    ※日本国内ではタブレット端末及びモバイルルーターからのみ接続可能でスマートフォンからは接続できません。

    ■有効期間は最後に入金してから或いは最後にアクティベートしてから365日間なので実質的に半永久的に使用可能。

    ■アクティベートしてから30日間、チャージしてから90日間、以下のメッセンジャーで無制限のテキストデータの使用が可能。

    どこでも家族、友人、仕事の相手と交信できる。残高0でも利用可能。

    Line、Telegram、WhatsApp、WeChat、Viber

    ※出典:https://jp-shop.co.jp/mayumi/ja/products/detail/1265

いかがでしたでしょうか。

なんとなく通信量に対する料金が分かった感じがします。

前払い制だと使いすぎの心配が無い反面、Mayumiは最後に入金してから1年間過ぎると有効期間が過ぎて使えなくなるみたいなので、かしこく利用するのが大事になってきます。

Mayumiのデータ通信料金はユーロ表示なのと、1MBでどのくらいの時間、翻訳が可能なのかが分かりにくいのが難点ですが、細かく料金プランを設定してあり、それを利用者が選べるというのは良いと思います。

この翻訳機が気に入った人は、この表を参考にデータ通信プランを検討してみてはいかがでしょうか。

以上、ガジェットハックの葉加瀬でした!